[Hyper-v]仮想ディスクの縮小手順

hyper-v Windows

概要

仮想マシンの仮想ディスクサイズが肥大化したため縮小させたい場合の手順。レプリケーションしているサーバーについての説明も含む。

手順

仮想マシン:不要データの削除

仮想マシンにログイン等行って不要データを削除する。例えば以下の内容が対象となる

  • ゴミ箱
  • システムクリーンアップ
  • シャドウコピーの領域
  • 重複除去を使用しているならガーページコレクションの圧縮を行う
    PowerShell (管理者として実行。そうしないと ”一般的なエラーが発生しました” となる)にて
    Start-DedupJob D: -Type GarbageCollection -Full
    Dは対象となるドライブ名
    進捗は Get-DedupJob (ただ Progress は あてにならない 0% と表示される。)このコマンドをたたいて,何も帰ってこない場合はジョブ終了という意味

仮想マシン:「ディスクの管理」にて領域の縮小

仮想マシンにて対象となるボリュームの縮小を行う。必須ではないが空き領域がないと次の手順のVHDXで「縮小」ができない。「最適化」だけとなる。

空き容量 は 1GByte以上 は残しておきましょう。画面で勧められるまま最大限の縮小をすると,まれにボリュームの縮小が失敗します。進捗状況を知りたい場合は こちら のページを参照

母体サーバー:VHDXの縮小

hyper-v マネージャー にて 仮想マシンの設定をあけて,仮想ハードディスクの「編集」をクリックする。

仮想ハードディスクの編集ウィザードが表示される。画面の指示に従って操作を進める。
「最適化」または「縮小」を実施する。

レプリケーションがなされている場合は,仮想マシンを一旦シャットダウンさせる。その後,「最適化」または,縮小を実施する。「縮小」を実施し,指定した サイズ(GB)をメモしておく。

レプリカサーバーがある場合

プライマリサーバーで「最適化」および「縮小」を実施しても,自動的にレプリカ側のVHDXは小さくならない。手動でレプリカのVHDXの「最適化」および「縮小」を実施する。

特に「最適化」ではレプリカ側のサイズがすぐに小さくならないことが多い。(タイミングが良くわからないが,1時間ぐら放置してから最適化すると小さくなることもある。レプリケーションのタイミングとは別)プライマリ・レプリカ両方とも縮小で対応するほうが早い。

「縮小」の場合は プライマリもレプリカサーバーのVHDXも同じサイズにしておくほうが無難。(前の手順でメモしたサイズ)。そうしないと,たまにレプリケーションがエラーになる。

プロパティ

Windows Server 2022

コメント

タイトルとURLをコピーしました