[Windows Server] 記憶域のディスク交換

Windows

概要

記憶域プールで使用しているディスクを交換する場合の手順
シンプルの場合はデータ保証なし

手順

状況によって手順が分かれる

作業するにあたって:GUIの画面は適宜「更新」をしないと最新情報に反映されなかったり,必要なメニューが表示されないので要注意

新HDDを増設できる場合

USB外付けでもSATAでもいいから,旧HDDを取り外さずに増設できるなら,サーバーにひとまず増設させて,記憶域プールに追加させる。それから, 記憶域プールにある物理ディスクの一覧から「ディスクの削除」をする。

仮想ディスクの再構築が始まる。終わるまで絶対にHDDの抜き差しをしたり,記憶域プールの物理ディスクの追加や削除をしてはいけない。(OSの再起動は大丈夫)

もしパリティの修復が完了しない(実行されない)場合は下記のコマンドでいったん故障ディスクをリタイア(使用中止)にさせて

Set-PhysicalDisk -FriendlyName “物理ディスクの名前” -Usage Retired

それから「ディスクの修復を実行」する(物理ディスクの名前(HDDの名前)については下記参照)

注意

再構築が始まったあと,すぐに「正常」と仮想ディスクのプロパティで表示されることがあるが,実際には終わっていないことがある。Power Shell の Get-Storagejob  で確認して本当に完了するまで待つ。

新HDDを組み込むには,先に旧HDDを物理的に取り外さなければならない場合

念のため仮想ディスクをデタッチしておいてアクセスがない状態にしておく方が無難です。あとは必要に応じてアタッチします。

1.Power Shellを使って故障したHDDの情報を調べる

PowerShellは管理者モードで実行すること。そうしないとエラーになる

どのHDDが止まってしまったのか確認する

Get-PhysicalDisk

で故障したHDDの名前(FriendlyName )とシリアルナンバーを控えておく

2.Power Shellを使って旧HDDを「使用中止」にする
Set-PhysicalDisk -FriendlyName "名前" -Usage Retired

もし名前が重複しているディスクがあるならシリアルナンバー指定で行う

Get-PhysicalDisk -SerialNumber "シリアルナンバー" | Set-Physicaldisk -Usage Retired

くれぐれも他のディスクを誤って使用中止にしないこと。してしまった場合は,使用開始に戻して 確実データの再構築が終わってからやり直すこと。データを飛ばしてしまう。戻す場合は以下

Set-PhysicalDisk -FriendlyName "名前" -Usage AutoSelect

今後のことを考えて重複しない名前に変更することもできる。こちら

3.新HDDに交換し記憶域プールに追加(USB接続の場合は要注意)

新しいディスクに交換する。同時に,書き込みキャッシュの調整ができるならこの時点で行っておく。例えばUSB接続の場合,デバイスマネージャーで該当するディスクドライブのポリシーを「高パフォーマンス」にするなど。

記憶域プールに追加する。物理ディスクの一覧で右クリックすると「物理ディスクの追加」のメニューが出てくる。

  • USB接続などで物理ディスクの名前が新旧ともに同じになり記憶域プールに追加できない場合,こちら を参考に旧物理ディスク名称を変更しておく。
  • 複数台のHDDを搭載できるケースの場合,ホットスワップ不可のものが多い。いったんUSB機器本体の電源を落としてから出ないとディスク交換できない場合もある。(該当ドライブをオフラインかデタッチしておく)
4.仮想ディスクの「修復」2回実行

仮想ディスクの中で!マークがついているものを右クリックして「修復」させます。

これで新しいHDDにデータの書き込みがなされていきます。終わるまでそのまま放置。完了するまでディスクのさらなる交換や拡張はしてはだめ。2つ以上外すと復旧できなくなる。

重要:「修復」1回目は 3%ぐらい進んだところで 物理ディスクの数が足りない というメッセージが表示される。どうも故障したHDDに対して何とかしようとする修復が試みられるようです。気にせずにもう一度「修復」を行う。

進捗状況は get-storagejob でもわかる。

注意:これが完了するまでディスクの削除はしない。「修復」メニューは仮想ディスクがアタッチされていないと表示されない

5.旧ディスクを右クリックして「ディスクの削除」

!マークのある物理ディスクを右クリックして「ディスクの削除」を実行します。

ディスクの削除中 しばらく待つ
6.仮想ディスクの自動アタッチ

Set-VirtualDisk -IsManualAttach $False仮想ディスク名前

一度デタッチしていると勝手に手動に変わっているので自動にしておく。作業中デタッチしていないなら不要。

備考

  • 新HDDは旧HDDと同容量またはそれ以上の容量がなければなりません。
  • AFT,非AFTは問いません。
  • USB接続で構築したHDDをあとからSATAに接続し直しても普通に動作します。(OSは念の為シャットダウンさせてから作業するほうが無難)
  • 修復状況を知るには,Power Shell にて  Get-Storagejob  を実行する。完了パーセントが表示される

プロパティ

Windows Server 2012
Windows Server 2019
Windows Server 2022

コメント

  1. […] [Windows Server] 記憶域のディスク交換|TKSOFT […]

タイトルとURLをコピーしました